チャットレディのお悩み相談②チャットレディのストレス対処法としてメンタルを鍛える方法

お悩み相談

「メンタルタフネス」という言葉をご存知でしょうか?
これは、ストレス耐性が強いということを意味しており、ストレスフルな状況下でも良いパフォーマンスを発揮できる人材を、メンタルタフネスのある人材と言います。

チャットレディに求められるのは「メンタルタフネス」です

チャットレディは待機時間から常に見られている事を意識しなければいけません。それが長時間になればストレスを感じますし、他のチャットレディのところにお客様が入っているのに自分のところには来てもらえないと焦る気持ちもストレスになります。

また、来て下さるお客様の全てが良い人という訳ではなく、中にはチャットレディに暴言をはいてくるような方もいます。(キック機能で二度と入室できないようにはできますが)

でも、こういったストレスはどうにも減らす訳にはいきません。このストレスフルな状況でメンタルが弱いと心を病んでしまう場合もあるのです。

チャットレディのリアルな声

チャットレディのストレス対処法としてメンタルを鍛える事の重要性

チャットレディにとって、メンタルを鍛えることの重要性が高まっています。
その理由のひとつに、どうしても取り除けない3つのストレスがあることが挙げられるでしょう。

  1. 自分だけ稼げていないように感じる
  2. お客様から傷つく言葉を投げかけられる
  3. メインの活動が夜のため、生活が不規則になる

ストレスフルな環境で成果を求められるプレッシャーに負けないためにも、チャットレディのメンタルの強化は不可欠です。
また、チャットに来るお客様は毎回違う人なので、価値観や考え方の異なる人と接する事が多いため人間関係の悩みを避けて通ることはできません。
こうした悩みを気にしすぎたり、抱え込んでしまったりしては、メンタルの不調にもつながりかねません。
このようにメンタルの状態は仕事のパフォーマンスに直結するからこそ、メンタルを鍛える重要性が高まっているのです。

メンタルが強い人の特徴

メンタルが強い人の特徴について、3つほどご紹介します

ポジティブ思考で、精神的に余裕がある

1つ目は、物事を前向きに捉えられるということです。
例えば、難しい仕事を任されても、「乗り越えれば成長につながる」と信じて行動できる。
イレギュラーな事態が発生しても、「起こってしまったことは仕方がない」と考えられる。
そういったポジティブな思考ができるからこそ、精神的な余裕を持っている人が多いです。

自己理解が深い

2つ目は、自分自身のことをよく理解しているということです。
とくに、メンタルが強い人は、自分の整え方やそのためのルーティンを持っています。
例えば、「自分はどんなときにストレスを感じるのか」 「ストレスを感じるとどんな不調が起こるのか」 「自分に合ったストレス解消法は何か」 など、自分と向き合い続けているからこそ、一定のストレスがかかったときの状態や対処法をしっかりと理解しています。

自分を明確に持っていて、全員に好かれようとしない

3つ目は、自分の考えや信念を明確に持っているということです。
「自分は自分、他人は他人」と割り切っており、全員から好かれることは不可能だと理解しています。
「他人と自分はちがうから、理解されなくて当たり前」 「人間なんだから、好き嫌いや相性があって当然だ」 といった考え方ができるからこそ、まわりの意見や顔色を気にしないという特徴があります。

メンタルが弱い人の特徴

メンタルが弱い人の特徴を、3つほどご紹介します

自己肯定感が低い

1つ目は、自分自身を認めたり、尊重したりすることができないということです。
自分に自信が持てないため、「自分には無理だ」「まわりの評価が下がりそう」など、マイナスの想像で頭がいっぱいになってしまいます。
ネガティブな感情をコントロールできず、メンタルの不調につながってしまうこともあります。

他者の目や評価を気にしすぎる

2つ目は、まわりの目や評価を必要以上に気にしてしまうということです。
この背景には、自分を明確に持っていないことが関係しています。
自分の考えや信念を持っていないため、他者からの評価に依存してしまうようになるのです。

気持ちの切り替えが苦手

3つ目は、ネガティブな感情をいつまでも引きずってしまうということです。
例えば、何か落ち込むことが起こったら、なかなか気持ちの切り替えができない。
これまでの失敗やミスばかり思い出して、自分を否定し続けてしまう。
など、気持ちの切り替えが苦手で、マイナスな感情に支配されてしまうケースが多いです。

メンタルを鍛える方法

では、どうしたらメンタルを鍛えることができるのでしょうか?
メンタルを鍛える上で重要なのは、「メンタルを強くする」という意識を持つことです。
私自身も社会人になって、いろいろなことを経験する中で、落ち込むこともありました。
「もう無理だ」「自分はどうせメンタルが弱いから…」なんて思ったら、それ以上頑張り続けることは難しいですよね。
なので、はじめは「絶対にメンタルを鍛える」と強く意識することからはじめましょう。
その上で、メンタルを鍛えるためのトレーニング方法を実践してみてくださいね。

①自分の気持ちや状況を言語化する習慣を持つ

自分の気持ちや状況を言語化することで、自身を深く理解することができます。
「つらい」「なんかイヤだ」「ブルーな気分だな」と感じたら、その原因と向き合いましょう。
「なにがつらいのか」「イヤだと感じた原因は何か」などを考えることは、正直言ってかなり大変です。
しかし、そのしんどさを理由に向き合うことから逃げていては、また同じことで悩んでしまうかもしれません。
できる範囲で少しずつ向き合って、自分の気持ちや状況を言語化する癖を身につけることが大切です。

事例① 深夜のログインを3日連続して、4日め。「気分が乗らないな」という時

ちょっと頑張りすぎたかな。今日は1時間早く切り上げてゆっくり寝よう。

自分の心に問いかけてみて下さい。一度まとまった休みを取り、リフレッシュするのも良いでしょう。適度に休んで息抜きをする事で、チャットレディのお仕事が長続きします。

②自分に合ったストレス解消法を見つける

何かストレスを感じたときに、上手に対処する方法を「ストレスコーピング」と言います。
自分のストレスをどう扱っていくか、どうするとストレス解消につながるのかについては、人それぞれやり方が異なります。
例えば、信頼できるメンターに話したら、気持ちが楽になるという人もいるでしょう。
スポーツや音楽といった趣味に打ち込むことで、気分がスッキリするという人もいます。
私にとっては、普段は我慢しているスイーツを好きなだけ食べる!で気分を上げています。
このように、自分に合ったストレス解消法を探してみましょう。

③鈍感力を身につける

鈍感力とは、「ストレスになりそうな外部情報を自分の中で溜め込まず、上手く受け流す力」のことです。
「なんかイヤだな」「ちょっと不安」といったことを感じたときに、「まあ、いっか」と気にしないようにする。
あるいは、気付かなかったことにして、すぐに忘れる癖をつける。
このように鈍感力を発揮して、「ストレスを受け取らない」という選択を取ることもできます。

事例② お客様からアダルト行為を求められ、断ったら罵声をあびせられた。(ノンアダなのに)

キック機能を使って出入り禁止にしよ。早く忘れよう。

嫌だった事を自分の中にため込まずに、上手く受け流しましょう!

④「他人は他人、自分は自分」と割り切る

まずは「他人は他人、自分は自分」を口癖にするくらい、声に出して言ってみましょう!
「他人に自分の全てを理解してもらうのは不可能だ」と割り切ることで、自分の気持ちが楽になると思います。
また、「まあ、いっか」を口癖にするのもいいですね。 何かトラブルやイレギュラーな事態が発生しても、心の中で「まあ、いっか」と思うことでネガティブな感情を引きずることが少なくなります。
また、口癖を変えることで、思考の癖も少しずつ変えていくことができます。
割り切って物事を進められるように、まずは普段の口癖を変えてみるのもいいかもしれません。

事例③ 待機時間が長く、後からログインしてきたチャットレディはすぐにお客様と繋がった。

まあ、いっか。

他人は他人、自分は自分。

 

他人の事は気にせずに自分のできることをしましょう。

「サムネイル画像を変えてみようかな」

「服を変えてみようかな」

「何度かチャットに来てくれたお客様にメールしようかな」

「一度休憩をはさもう!」

 

まとめ

メンタルも、スキルのひとつです。
コミュニケーションスキルやプレゼンテーションスキルなどと同様に、鍛えることができます。
メンタルを鍛える上で自分に足りないものは何か認識して、日常的にトレーニングする。
そうした繰り返しを経ることで、日頃のストレスにも負けないチャットレディへと近づけるでしょう。

私たちは頑張る貴女を全力でサポートします!

チャットレディの応募や詳細はこちら

今なら1ヶ月間時給100円アップキャンペーン実施中

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました